育毛シャンプーは値段ではなく成分で選ぶことが重要!

 

抜け毛が増えてきた…
生え際やつむじの薄毛も気になる…

 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら、まずは育毛シャンプーを使うことが重要です!

 

しかし、最近では育毛シャンプーとは名ばかりの粗悪なシャンプーも多いので注意も必要。「安いから…」「有名だから…」と適当に選んでいると、逆に頭皮環境を悪化させる恐れもありますからね(…経験談)。

 

このサイトでは、現在進行毛で抜け毛・薄毛対策に取り組んでいる管理人が、おすすめの育毛シャンプーを厳選してご紹介しています。よくある適当なランキングではなく、成分をしっかりと比べたうえで掲載しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

今すぐ使っておきたい育毛シャンプーランキング

 

 

育毛シャンプーが良い!といわれても、どのシャンプーが良いのかイマイチわからないですよね…。
中には、「テレビCMしていたから」「値段が安かったから」と適当に選んでいる人も多いはず。

 

育毛シャンプーを選ぶ時は、とにかく成分をしっかりと確認することが重要です。

 

とはいっても、シャンプーの成分って何が何だかわかりにくいと思うので、大事な成分については各ページで詳しく解説しているので時間がある方はぜひ確認してみてください。

 

では、配合されている成分を比べたうえで、私がおすすめできる育毛シャンプーをいくつかご紹介しておきます。

 

抜け毛や薄毛が気になり始めた方は、市販のシャンプーからできるだけ早く乗り換えることをお勧めします。

 

抜け毛・薄毛対策に使っておきたい育毛シャンプー2015年版

 

haru黒髪スカルプ・プロの特徴

頭皮のことを考えるなら、haru黒髪スカルプ・プロがおすすめ。 頭皮への刺激になる成分が全く入っていないので、抜け毛や薄毛が気になる方に最適。 また、育毛剤にも配合されている育毛成分「キャピキシル」を配合しているのも特徴です。 他の育毛シャンプーにはない豊富な成分を配合しているため、育毛シャンプーとして一番おすすめです。

価格 評価 備考
評価5

プレミアムブラックシャンプーの特徴

頭皮の乾燥対策に着目した成分配合なのが、こちらのシャンプーです。 うるおい保湿成分である「グリセリン」をたっぷりと配合しているので、頭皮のつっぱりが気になる方におすすめ。 こちらも頭皮への余計な成分が全く入っていないのが特徴です。

価格 評価 備考
評価5

リマーユスカルプシャンプーの特徴

育毛成分の「馬油」を配合した育毛シャンプーです。 馬油には、血行促進やうるおい保湿など、様々な育毛効果が期待されているんですね。 一部防腐剤が配合されているものの、上質な仕上がりになっています。

価格 評価 備考
評価5

育毛シャンプーならharu黒髪スカルプ・プロがおすすめ

私はこれまでにいろいろな育毛シャンプーを使ってきましたが、中でも一番満足できたのが「haru黒髪スカルプ・プロ」です。このシャンプーは、ネット広告などで一度は見かけたことがあるかもしれないですね。

 

haru黒髪スカルプ・プロが他のシャンプーと違う点は次の2つです。

  • 頭皮への刺激になる余計な成分が入っていない(100%天然由来成分)
  • 育毛剤にも配合されている育毛成分「キャピキシル」を配合

 

特に抜け毛や薄毛が気になる方におすすめのシャンプーに仕上がっていますよ。

 

ヘアケアのプロが監修して開発されたシャンプーなので、一度試してみることをおすすめします。

 


 

育毛シャンプーの失敗しない選び方

 

最近では、育毛シャンプー市場がかなり盛り上がっており、テレビCMでも見ない日はないほどです。「皮脂を根こそぎ落とす」「角質層まで浸透」などなど、様々なフレーズで育毛シャンプーが宣伝されています。

 

こういったフレーズを聞くと、なんとなく良さそうなイメージを抱いてしまいますが、イメージだけでシャンプーを選ぶのはおすすめできません

 

実は私も、シャンプーについて勉強するまではメーカーのイメージ戦略に陥っていました(汗)テレビCMしているシャンプーは良さそうと勝手にイメージして使っていたんですね。でも、改めて成分を見てみると刺激が強すぎる成分がたっぷり入っているのもたくさんありました。

 

そこで、育毛シャンプー選びで失敗しないために確認しておきたいポイントを3つご紹介します。

 

アミノ酸系の洗浄成分”だけ”が入っているかどうか

 

育毛シャンプー選びで一番大切なことは、「配合されている洗浄成分」です。どれだけ良さそうなイメージの宣伝をしていても、頭皮・髪への刺激が強すぎる成分が入っていは意味がありません。

 

おすすめは、低刺激で安心して使えるアミノ酸系の洗浄成分だけ入っているシャンプーです。アミノ酸系の洗浄成分は、頭皮への刺激が少なく、抜け毛・薄毛で悩む方でも安心して使うことができます。

 

ただし、アミノ酸系の洗浄成分をちょびっとだけ入れて、他は刺激が強い成分が入っているシャンプーもあるため、注意して選ぶ必要があります。

 

頭皮環境を整えるための成分が入っているかどうか

 

抜け毛や薄毛が気になる場合、頭皮環境を整えることが大切です。そのためには、頭皮ケア成分がしっかりと入っているシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

うるおい保湿成分のグリセリン、血行促進成分のセンブリエキスなど。こういった頭皮ケア成分がたっぷり入ったシャンプーを使うことで、頭皮環境を整えることが必要です。

 

余計な添加物が入っていないかどうか

 

洗浄成分・頭皮ケア成分の確認ができたら、添加物が入っていないかどうか確認しましょう。

 

特に、刺激が強すぎる防腐剤や石油系怪異面活性剤が入っているのはNG!頭皮・髪への刺激になるため頭皮環境を悪化する原因になるため気を付けましょう。

 

 

育毛シャンプー選びで大切なの3つのポイントが以上です。
これらの成分の有無を確認しながらシャンプーを選ぶことで、頭皮にやさしくしっかりとケアできるシャンプーを選べます。

 

▲抜け毛・薄毛対策に使っておきたい育毛シャンプー

 

育毛シャンプーの選び方まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
このページでは、育毛シャンプーの選び方おすすめの育毛シャンプーについてお話させていただきました。

 

私はこれまでに様々な育毛シャンプーを使ってきましたが、正直値段が高いだけで安いシャンプーとほとんど変わらないような商品もたくさんあります。残念ながらそういったシャンプーを使ってしまうと、シャンプーの刺激が原因で頭皮環境が悪化する恐れもあるので気を付けないといけないんですね。

 

このサイトでは、人気の育毛シャンプーの中から成分を比較しておすすめの育毛シャンプーを厳選してご紹介させていただきました。実際に私も使った上でランキングにまとめましたので、育毛シャンプー選びの参考にしていただければ幸いです。

 

これからも育毛シャンプーはどんどん新商品が出てくるかと思いますが、今回お伝えした「失敗しない育毛シャンプー選び」を参考にすれば、粗悪な商品を買わされる可能性も減るかと思います。気になるシャンプーが出た時は、ぜひ選び方の参考としてみていただければ幸いです。

 

生え際がM字に後退してきたら育毛剤との併用は必須!

 

薄毛が気になり始めたら育毛シャンプーを使って頭皮環境を整える大切さをお伝えしてきましたが、生え際がM字に後退し始めてきている場合、育毛剤を併用してしっかりと対策に取り組むことが大切です。

 

すでに生え際が後退してきているという場合、薄毛の原因脱毛ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けていることに他なりません。
ジヒドロテストステロンは、育毛シャンプーを使うだけではどうすることもできず、ヘアサイクルがどんどん乱れていってしまうだけです。

 

そのため、生え際がM字に後退してきた場合、育毛剤を使ってジヒドロテストステロンの生成をブロックしたうえで、育毛促進・血行促進する必要があります。
具体的な生え際後退対策については、次のサイトを参考にすると良いかと思います。

 

参考:育毛剤ランキングの決定版【生え際・頭頂部の薄毛対策を徹底解説!】